サルタックの教育ブログ

特定非営利活動法人サルタック公式ブログ。教育分野の第一線で活躍するサルタックの理事陣らが最先端の教育研究と最新の教育課題をご紹介。

山田哲也

サルタック理事。特定非営利活動法人ジーエルエム・インスティチュートケニア事務所教育専門家兼プログラムコーディネーター。2014年国際基督教大学卒業(教育学専攻)。サルタックネパール現地インターンを4か月務めた後、サセックス大学国際教育と開発学科修士課程へ進学。修了後シャンティ国際ボランティア会ミャンマー事務所で読書推進のプロジェクトに関わる。現在はケニアで住民参加型学校運営のプロジェクトに従事している。 得意分野 アカウンタビリティと教育改善、住民参加型学校運営、NGOの教育援助

JICA発みんなの学校プロジェクトとは何だったのか

二ジュールの「みんなの学校プロジェクト」 国際協力、特に教育分野で働いている人たちにとっては有名なプロジェクトである。

国際協力NGOの汚職対応のジレンマ

今回はなかなか援助業界では表立って話されることのない汚職について書いてみたいと思います。

市民社会とは何か?NGOと市民社会は同じなのか?

NGOで活動している団体や人たち(私も含めて)は、よく「市民社会」という言葉を使います。一方でこの市民社会とは何か考えられないまま、NGOを指すような言葉として使用されています。

チャータースクールとは何か?

今回はこのブログで何度も名前が出てきているチャータースクールが特に盛んなアメリカの事例を紹介します。 日本でも大阪市で開校予定の民間が運営する公立学校。 アメリカでは、すでに民間が運営する公立学校(チャータースクール)が存在しています。 チャ…

公設民営学校とは何か?ー大阪市立水都国際中学・高校の事例からー

実は先週まで日本に一時帰国していまして、地元大阪で公設民営学校の開校準備が始まっていると聞きました。 修士のときの研究テーマがチリのバウチャー制度や教育の民営化だったこともあり、興味を持ち調べてみました。

日本の国際協力NGOの定義と資金・収入の状況をまとめてみた

私はNGOに新卒就職し、NGO業界で転職をしました。 一方、そもそもNGOとは何なのかが曖昧でした。また日本のNGOは欧米のNGOに比べて規模が小さいと言われますが、資金をめぐる状況はどうなっているのか疑問に思い、調べてみることにしました。

情報は親の学校運営への参加を促進するのか②

ジャンボ! 前回親への情報の提供が学校運営への参加に繋がる理論的フレームワークを紹介しました。既存の研究では情報のインパクトに対して効果があがったという研究もあれば、効果がなかったというものもあります。既存の研究や私の現場での経験からいくつ…

情報は親の学校運営への参加を促進するのか①

ジャンボ! ケニアからこんにちは。 今回は「情報は親の学校運営への参加に繋がるのか」についてブログを更新したいと思います。